がんの早期発見に役立つPET検査

わが国では、昭和56年(1981年)より、死亡原因の第1位を占めており、現在では3人に1人ががんで亡くなっています。

社会の高齢化により、がんによる死亡者は増加することが予測されており、また働き盛りである40代や50代でも、がんで亡くなる方が増加しています。

 がんの治療法は着実に進歩しており、早期に発見されれば有効な治療を受けることが可能です。がんによる死亡者を減少させるには、がんの予防対策が必要です。がんは進行しないと自覚症状が伴わないため、早期の発見には精度の高い検診を受診されることが最も有効な対策となっています。

ピックアップコンテンツ